横浜市金沢区釜利谷東『金沢文庫駅』

MAP
045-783-2200

横浜市金沢区の産婦人科、迫田産婦人科の医院ブログ

コンテンツ
求人情報QRコード
横浜市迫田産婦人科トップページ»  医院ブログ»  一口メモ»  月経不順とダイエット

月経不順とダイエット

月経不順とダイエット

月経不順とダイエット

行き過ぎたダイエットには注意が必要 ホルモンバランスが崩れ吹き出物が増えたり、生理不順となるケースも

当院は、月経不順を訴える方が多く来院されます。春先、秋口が多いでしょうか。月経が規則正しく発来するためには、次のことが重要です。先ず、卵巣から分泌される性ホルモン、これには2種類ありますが、1つは卵胞ホルモン、もう1つは黄体ホルモン、これらのホルモンが十二分に分泌されることと、排卵が規則正しく、一定の周期でおこなわれることです。

月経不順の方の多くがこの排卵という働きに問題があるケースが多いようです。排卵は卵巣から卵子が排出されることですが、このメカニズムはかなり複雑で、卵巣ばかりではなく、頭の中の視床下部という所や、下垂体などに問題があると排卵障害がおこります。これらの働きが順調であれば月経は規則正しく発来します。

最近、健康ブームであり様々な健康法が巷に溢れていますが、無理なダイエットにより急激に体重を落とし月経が止まってしまう方が多いです。この場合体重が元に戻っても月経はなかなか発来しません。治療を開始しても月経が正常になるのに何年もかかる方が多いんです。

食事制限だけで体重を落としてはいけません、どうしても体重が気になる方は、体重よりも体脂肪率を考え、栄養のバランスと運動を取り入れ少しずつおこなっていくのが良いでしょう。

話はそれてしまいますが、逆に体重が増加するケースをお話します。お相撲さんはなんといっても大きいほうが有利です、体重が軽いと不利ですよね。で、彼らはどうしているかというと、朝稽古の後に遅めの食事を取ります、稽古の後ですからお腹はめちゃくちゃ空いています、かなりの量を食べます、ここが大事なのですが問題はその食べるスピードです、すさまじい速さで次から次へと食べていきます。食べるスピードが速いと満腹感は追いつきません、よってどんどん詰め込めるわけです。そして、お腹が一杯になったところで寝ます。食事と睡眠の間隔が短ければ短いほど、摂取したカロリーは消費されずに身に付いてしまいます、体重はうなぎのぼりです。

お分かりでしょう、食事は3度摂ってください、そしてゆっくり楽しんで食べましょう、人間だけです食事のスピードをコントロールできるのは、さらに食事と睡眠の間隔は多く空けましょう。この3つを実行するだけでもかなりの効果はあります。

運動となると多忙な生活の中で難しい面もあるかと思います。そこで私からの提案、歩くスピードを上げてみましょう、生活の中で歩くことが一番の運動ではありませんか、ジョギングもいいですがなかなか続けることは難しい、歩くのだったら通勤、通学、お買い物、普段誰だってやっていますし、お金もかかりません。エレベーターなど使わずに歩きましょう、階段の上り下りなど最高の有酸素運動です。

無理なダイエットにより月経が止まってしまい、肌もあれ、若々しさがなくなり、将来不妊の原因になっては大変です。健康をトータルで考えていきましょう、いかがですか。

2013-06-18 11:15:09

一口メモ   |  コメント(0)   |  トラックバック (0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakodasanfujinka.com/app/TrackBack/receivetb/SID/x8323330/EID/2

トラックバック記事一覧

ページトップ